トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JPECの補助金申請受付数

おはようございます。
今日もまた曇り空で涼しく……でもちょっと昨日より蒸しますかね。

ちょっと気になったのでJPECの補助金申請件数を調べてみました。
今年はいつごろ終わるか……なんて気になる時期でもありますので。

8月21受付分までで93973件だそうです。
月別に見ると

平成23年4月 9550
    5月 20971
    6月 23036
    7月 23980
    8月 16436(21日まで)

となっています。
6月からは毎月23000件前後というところでしょうか。
9~12月まで平均25000件申請があったとすると、ちょうど20万件。
駆け込み需要が相当ない限り、なんとか12月まではもちそうな感じがします。

再製エネルギー法案の修正内容

おはようございます。
昨日も過ごしやすかったですが、今日は昨日以上に過ごしやすい日ですね。

菅首相が退陣条件のひとつとしていた「再生エネルギー法案」が成立する見通しとなりました。
気になるのは、どんな内容で成立するのかということです。
何かまとめたものはないかな~と探していたら、公明党のホームページがヒットしました。
その記事によりますと、ポイントは以下の2点だそうです。

①買い取り価格設定の透明性確保
②電力の大口需要者や低所得者、被災地への負担軽減措置

①について
修正前の政府案では価格の設定をほぼ経済産業相に委ねる内容でしたが、買い取り価格ならびに買い取り価格算定の基礎に用いた数や算定の方法まで細かく国会報告を義務付けられました。
また政府による恣意的な価格の決定がなされないよう、中立の第三者機関として「調達価格等算定委員会」を新設し、委員の任命には国会の同意を求めることとなりました。

さらに買い取り価格の種類について、政府案では住宅用太陽光発電・住宅用以外の太陽光発電・太陽光以外の発電の3種類という大ざっぱな分類でしたが、修正案では欧州の先進事例に倣い、きめ細かな価格設定を行うよう条文に盛り込んでいます。

このほか、経産相による最終的な価格決定の前には環境相や国土交通相、農林水産相との協議を経て、消費者担当相の意見を聞くよう法律で定め、電気事業者には買い取りに要した費用を電気料金に過度に上乗せしないよう経費削減の努力義務を課しています。
こうしないとテリトリー制に守られた電力会社が過度の負担を消費者に押し付ける可能性がある、と判断されたということでしょうか。

具体的な買取価格については、これから行政レベルで話合って決めていくことになるでしょう。
何はともあれ、早期の決定を希望したいところです。

②について
電気料金が上がることで中小企業を含む電力多消費産業には過度の負担が生じ、それを避ける為に企業の海外流出による産業空洞化や国際競争力の低下が懸念されていました。
このため、電気の使用にかかる原単位(1キロワット時当たりの売上高)が製造業平均の8倍を超える事業者を対象に、電気代への料金転嫁額を8割以上減額すると定められました。
その財源についても国民への負担転嫁がなされないよう、エネルギー特別会計で賄うなど必要な予算上の措置を講ずることが法案にも明記されています。
その特別会計は税金から出てるんじゃないか……というツッコミにはどう答えるのでしょうか。

低所得者への配慮についても付帯決議に盛り込まれ、東日本大震災の被災地の企業や家庭には、復興が妨げられないよう電気代の上乗せを2013年3月末まで免除します。
これはどの地域までを被災地とするのかが微妙ですけども、良いことだと思います。

これらの修正案は自民党と公明党の要望なのだそうです。
しかし……それを信じるとすれば、民主党の原案は穴だらけだったのですね……

売電収入は第2の年金

おはようございます。
昨日は本当に暑い一日でした。
今日は陽射しがないのでそれほどでもないですが、室内は蒸し暑いですね。

こんなセミナーの記事を見かけました。

「売電収入は第2の年金」だそうです。
なるほど、こういう切り口もあるんだなぁ……
ただ「ひと月に数万円の売電収入も可能となる太陽光発電」と書いてありますけど、それはちょっと誇大広告かなぁとも思います。
5.5kW設置して、老夫婦で節電生活しても3万円くらいではないかなぁ……それでも大きい数字ではありますが。

年配の方と話をすると「10年も生きてられるかわかんねぇしなぁ」とよく言われるんですが、少なくとも10年間は毎月3万円の収入になると考えると大きいですよね。
今後はこういう切り口からも話を進めてみようと思いました。

ヤマダ電機がエス・バイ・エルを買収

今日は前橋で最高気温が38℃にもなるそうです。
明日からはこの猛暑も落ち着くとのことですので、何とか乗り切りましょう。

久しぶりに太陽光発電関連のニュースをチェックしていたら、ヤマダ電機が住宅メーカーの「エス・バイ・エル」を買収したという記事を見つけました。
太陽光発電やオール電化製品は電気製品とは言え設置工事を伴うものなので、なかなかヤマダ電機でもシェアを伸ばすことが出来ないでいました。
どうしても設置には住宅のノウハウが必要ですから。

それを解決する為に打った一手なのでしょうが……いやいや、やはり大企業はやることが違います。
ノウハウを会社ごと買い取るとは、なかなかマネ出来ることではありません。

今後の太陽光発電販売業界には、かなりの脅威となってきそうです。
実際、ヤマダ電機の宣伝力やブランドイメージはすごいですからね。

太陽光発電の稼ぎ 生データ 2011年7月分

こんにちは。
今日は朝から出ていたもので、こんな時間の更新です。

私事ですが、明日より夏休みをいただきます。
ブログの再開は18日からとなりますので、よろしくお願い致します。

ここ数日の暑さ、そして今日の暑さに電力会社の電力需給量が逼迫しているそうです。
この夏は「節電」を合言葉に日本も頑張ってきましたが、さすがに今日の暑さではエアコンを使わないわけにはいかないと思います。

ここ数日、発電データをいただきに設置したお宅を回っていましたが、どこのお宅でもエアコンを使いながらも電気は余っていて、東京電力へ売り払っている状態でした。
こういうのを見ると「みんなが設置したら、ピーク電力がすごいラクになるんだろうなぁ」と思ってしまいます。

そんなことを考えながらいただいた7月の発電データです。

・伊勢崎市 3.84kW<南面>
 発電量:468kWh(予測量:361.4kWh 達成率:129.5%)
 自家使用:2744円(98kWh)+売電:17760円(370kWh)=20504円(1kWあたり5340円)
 売電率:79.1%

・伊勢崎市 5.86kW<南面>
 発電量:703kWh(予測量:551.56kWh 達成率:127.5%)
 自家使用 5544円(217kWh)+売電 23308円(485kWh)=28852円(1kWhあたり4923円)
 売電率:69.0%

・伊勢崎市 4.4kW<南面>
 発電量:531kWh(予測量:414.14kWh 達成率:128.2%)
 自家使用:7975円(301kWh)+売電:10998円(229kWh)=18973円(1kWhあたり4312円)
 売電率:43.1%

・伊勢崎市 6.52kW<東面>
 発電量:821kWh(予測量:621.35kWh 達成率:132.1%)
 自家使用:4732円(169kWh)+売電:31301円(652kWh)=36033円(1kWhあたり5527円)
 売電率:79.4%

今月も東面設置のお宅が絶好調です。
東=南の85%、と誰もが思っているはずですが、やはり生のデータを取ると必ずしも常識が通用しないケースもあるとわかってきます。

今月もご協力ありがとうございました。

陽電池、燃料電池、蓄電池を組み合わせた省エネ住宅「グリーンファースト ハイブリッド」

おはようございます。
今日もまた強い日差しが降り注いでいます。
今週は夏休みらしい天候が続きそうですね。

積水ハウスは8日、太陽電池、燃料電池、蓄電池を組み合わせた省エネ住宅「グリーンファースト ハイブリッド」を発売しました。
三つの電池を組み合わせた住宅は世界初だそうです。まぁ正確には「製品」としては初めてというのが正しいのでしょう。
昼は太陽電池と燃料電池で発電、夜は電力会社の電力を蓄電池にためる。年間約25万円の光熱費を支払っている家庭(4人)の場合、年約26万円削減でき、トータルでマイナスになるらしいですが……その程度なんですかね?
普通のオール電化+太陽光発電住宅でも、売電価格を充当すればこれくらいにはなりそうですが。

蓄電池の電力は、停電時にテレビと冷蔵庫1台ずつなら約23時間持つ容量。これはまぁいいとして、設置費用は建設費に加えて一般家庭の場合、三つの電池代で560万~600万円がかかる……

高いっ!

普通に太陽光発電をたくさん付けたほうがいいような気が……するのは私だけでしょうか?


[ 2011/08/09 08:19 ] 住宅ニュース | TB(0) | CM(0)

会計のプロである税理士さんも導入しています

おはようございます。
今週から夏休み……という方もいらっしゃると思います。
私も11日から夏休みをいただいて、お盆前に新潟へ行ってくる予定になっています。息子が魚好きなので、マリンピア日本海へ連れていき、妻の大好きなイルカのショーを見て……私は地酒と美味しい刺身が味わえればそれで(苦笑)

このような記事を読みました。

これを書いている方は税理士さんのようです。
さすがは税理士さんらしく、非常にわかりやすく太陽光発電の収支が数字で示されています。
特にローンで買われる方にとっては、参考になると思います。

会計のプロである税理士さんが「将来にわたってお得になる」と考えて導入したというのは、なんだかちょっと安心しませんか?

……もっとも適正価格で購入してこそ、ですよ。
ボッタクリ価格には騙されないようにしてください。

楽天が住宅用太陽光発電システム販売へ

おはようございます。
今日は町内の納涼祭があるので、早く帰って参加しようと思います。
息子が楽しみにしているようです。

楽天の三木谷浩史社長は4日、家庭用太陽光発電システム市場に参入する意向を明らかにした。ローンなどの金融サービスと設置サービスを含めたパッケージ商品にして販売する計画で、現在の市場価格の「半額から3分の1の低価格を目指す」

なんだか神奈川とか太田とかの話を思い出させる数字です。
いまの相場が50~60万円/kWですから、半額でも30万円以下にするということですよね。

この手の話を聞くと、太陽光発電システムってものをわかってないんじゃないなかなぁと思ってしまいます。
液晶テレビみたいに、まとめて買って値引きもらって安く売る、っていう手法があまり効果的じゃないと思うんです。
太陽光発電って、屋根の材質や形状によって別物になる半分オーダーメイド品です。
まとめて買ったものがまとめて捌けるかというと、けっこうロスが出ると思います。

それとやはり工事が必要な商品というのも大きいと思います。
先ほどの内容も含めて、ワン・オフな商品なんです。
例えば住宅がそうです。
積水ハウスを筆頭に早々たるハウスメーカーがいくつもありますが、年間施工件数1000棟以上の会社が新築住宅のうち何%のシェアを占めているかご存知ですか?
全体の34%に過ぎないのです。
残りの66%は年間施工件数が1000棟以下の会社で占められています。

住宅でさえ、こうです。
私は、どこが施工するかもわからないインターネット販売会社で太陽光発電を買おうとする人がそれほどいるとも思えないのですが……どうなるのでしょうね。

東日本大震災における太陽光発電被災実態調査

おはようございます。
今日も曇り空です、沖縄は台風ですごいことになっているようですね。
こうなると、あの夏の日差しが待ち遠しくなるような感じさえします。

NPO法人太陽光発電所ネットワークと東京工業大学ソリューション研究機構が、東日本大震災における太陽光発電被災実態調査を行った結果を発表しました。

調査で確認されたこととしては
・震災時に太陽光発電装置が家屋の構造強化につながる効果があること
・自立運転機能が十分に利用されていないこと
・災害対応として蓄電機能の要望が強いこと
・地域を中心とした冗長度のある自律分散システムの導入は、社会コストミニマムの観点からもリスク分散に貢献できること
などが挙げられています。

概ね納得出来るんですが、最初のことだけがちょっと……家屋の構造強化になる?
どういう理屈で構造強化になるのか、ちょっとわかりません。
屋根に重量物を載せるのは事実なわけで、それが好影響を与えるとは思えないのです。

うーん、何でなのでしょうか。

節電にはエアコンよりもテレビを切るべし?

おはようございます。
昨日は久しぶりの暑さでしたね。今日もまた暑くなりそうです。
身の回りに体調を崩している人が多いので、皆様もお気をつけ下さい。

さてさんざん「節電節電!」と騒いだわりには安定している電力供給ですが、油断は禁物です。
多かれ少なかれ、皆さんが節電に励んでいる成果と受け取るべきでしょう。

節電対策として皆さんは何をしてらっしゃいますか?
実はこんな記事を見かけました。

「テレビで報道されない節電対策」
野村総合研究所の調査によると、節電効果としては以下のようなことがあります。

 ・白熱電球3つを消す(162W)
 ・液晶テレビ(42インチ)を消す(220W)
 ・テレビ・DVDレコーダー・パソコンのコンセントを抜く(6W)
 ・エアコン2台の温度設定を2度上げる(52W)
 ・エアコン1台を止める(130W)
 ・白熱電球3つを蛍光灯に交換する(126W)

いかがですか?
液晶テレビは省電力と思い込んでいましたが、実はエアコンの1.69倍も電気を消費していたのです。

「ちょっとまった、エアコンの出力って500Wとか600Wって書いてあるけど!?」
と思われる方もいるかもしれません。
しかし500Wとか600Wと言うのはあくまで最大出力です。スイッチオンで暑い部屋を冷やす時にはコンプレッサー全開で確かにたくさんの電力を消費します。
しかしある程度冷えてくればコンプレッサーをそれほど回す必要もなくなる為、ある調査によれば運転開始から17分後には80Wまで下がるそうです。

ですから電力消費のピークになる時間帯より前にエアコンのスイッチを入れ、ある程度冷やしておけば電力消費量はからり減らすことが出来るのです。
後はテレビを消して、読書でもして過ごせばかなり真夏の午後の電気消費量を抑えることが可能になります。

これは確かに、テレビ番組では絶対に流さない情報でしょうね……

[ 2011/08/04 09:02 ] 住宅ニュース | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。