トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AとkVA

メールマガジンの配信を始めることにしました。
当社のチラシをご覧になった方で、ご希望される方がいらっしゃいましたら、メールフォームよりお申込下さい。
ここでは書けないような、太陽光発電のことについてもお話しようと思います。

また伊勢崎市とその近隣市町村にお住まいの方に、シャープの太陽光発電解説DVDの無料レンタルを実施しています。
ご希望の方はメールフォームよりお申込いただけば、お届けします。


おはようございます。
昨日は暑かったですが、今日はもっとすごいことになりそうです。

ブログのテンプレートを変えたらアクセス解析がうまく動かなくなりました……

ところで皆様、ご自宅の電気の契約容量ってご存知ですか?
私の家は古い小さな貸家で、オール電化なんて贅沢なシステムはないので30Aです。
エアコン2台付けて、TV付けて、電子レンジ使うとシステムダウンしますが、普段はまぁ問題ありません。
ご家族の人数に合わせてこれが40Aであったり50Aであったり、60Aであったりするでしょう。

ところが家を新築してオール電化にしたら……なんだか得体の知れない数字が書かれてきた、という問合せを受けることがあります。
「何、この6kVAって……?」
確かに見慣れない数字で、最初は戸惑うかもしれません。

そんな時は東京電力のホームページを調べてみましょう。
私も含めて年齢の高い方だと、電気の契約容量と言うとまず「○○A」を考えます。
しかし今はこの「アンペア」単位は「従量電灯B」でしか使われていないようです。
そしてこの従量電灯Bの契約は最大で60Aまでとなっています。
ちなみに60Aの基本料金は1638円です。

では「家族も電化製品も多いから60Aじゃ足りない!」と言う場合はどうするのか?
まずは「従量電灯C」で契約する方法があります。
これを見てみると基本料金は
1kVAにつき273円となっています。

何のことはありません。1kVA=10A、ということです。
6kVAなら60Aと同じです。
ちなみに「電化上手」や「おとくなナイト」でも契約容量は「kVA」で表記されています。
今は「kVA」表示が一般的なわけですね。
ただ昔からの契約が残っている「従量電灯B」だけがA表示で残っているだけ、というところのようです。

スポンサーサイト
[ 2011/06/22 10:05 ] 建設業豆知識 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。