トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太陽光発電設置事例 支持瓦工法

今まで写真の少ないブログだったもので、今年度は少しは写真も使っていこうと思います。
まずは施工例の写真からご紹介します。

201106060

T・K様邸です。
シャープND-163AWを36枚、5.87kWの大型システムです。

「太陽光パネルをどうやって屋根に取り付けるのか?」
とわからない方もいらっしゃると思いますので簡単にご紹介します。
屋根材によって方法は異なり、瓦屋根の場合はさらに3種類の施工方法があります。
当社では後のことを考えて、可能であればこの「支持瓦工法」をオススメしています。

いま付いている瓦を架台の基礎部分だけ外して……
201106061
支持瓦と呼ばれるこの部品と置き換えます。
非常に耐久性のある材質で出来ています。
201106062
こんな感じで屋根瓦と置き換えていきます。
瓦を3枚ほど外して、母屋という屋根の骨組みまで届くボルトで屋根の下地材に補強板を取り付けます。
この補強板に支持瓦をボルト留めし、その両側の瓦は元に戻します。
こうして出来た架台の基礎部分に桟を渡せば架台は完成です。
201106063
後は横桟にモジュールをしっかりと固定していけば完成です。

この支持瓦工法は瓦そのもには一切加工を施さない為に、雨漏りの心配がありません。
だから当社は基本的にこの方式を採用します。
ただし瓦の種類によっては対応する支持瓦がないので、残念ながら採用出来ない場合もあります。
その場合はH支持金具という工法を使います。
スポンサーサイト
[ 2011/06/06 09:47 ] 施工例のご紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。