トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太陽光発電は9年後に本当に1kWあたり20万円になるのか?

おはようございます。
土曜日は真夏の暑さでしたが、今日は一転して梅雨時のような空になっています。

フランスのドービルで開催されるサミットで菅首相は、太陽光発電の普及など再生可能なエネルギーの拡大に向けて技術開発を進める「サンライズ計画」を表明する意向だそうです。
名前のセンスはまぁ置いておくとして、問題なのはその内容です。この計画の中には

「太陽光発電のコストを2020年に現在の3分の1に、30年に6分の1に低減させること」

が盛り込まれているそうです。
2020年ったらあと9年です。
太陽光発電のコストとは言ってもランニングコストはタダ同然ですから、コスト=イニシャルコストと考えていいと思います。
イニシャルコスト=設置費です。
まぁ全てが家庭用ということでもなく、メガソーラー発電なども含めたコストでしょうけども、当然ながら家庭用のコスト減少も含まれていると思います。

2011年度の太陽光発電設置補助金の規定では、工事金額は1kWあたり上限60万円です。
額面どおりに受け取るならば、あと9年でこれを20万円に、あと19年で10万円にしますということになります。
実際、一昨年の補助金上限は70万円、去年は65万円、今年は60万円です。
このペースで下げられていったら
2012 55万
2013 50万
2014 45万
2015 40万
2016 35万
2017 30万
2018 25万
2019 20万

なんと、こんなテキトーな計算とほぼ一致してしまいます(笑)
いや、実際こんなペースで出来るのか……疑問です。

太陽光発電の総見積金額のうち、施工費用はだいたい20~25%程度です。
もちろん設置容量が増えればこの割合は下がりますが、一般的な3~5kW程度ならこれくらいでしょう。
つまり材料費が75~80%を占めていることになります。

1kWあたり60万円とすると、そのうち12万円が工事費、材料費が48万円ということになります。
工事費は人件費ですから減らすと言っても限度があります、なんせ職人さんにもお給料払わなくちゃなりません。
「国の方針で10年で3分の1にするから給料も3分の1ね」
などと言ったら、職人さんはいなくなります。
まぁ企業努力で2割のコストカットをするとして、12万円→9.6万円くらいでしょう。
すると材料費は10.4万円しかかけられないことになります。
今は48万円のものが9年後には10.4万円です、4分の1以下です。
こんなことが可能なんでしょうか?


値下がりの激しそうなイメージの商品と比べてみることにしました。
私のイメージとしては液晶テレビがあります。
総務省の小売物価統計調査によれば、前橋市における32インチの液晶テレビの価格は

平成12年 187,780円
平成22年  78,792円

となっています。
下落率にして約58%というところです。
ん~、もっと高くて確か1インチ1万円とか言っていたイメージがあるんですが……

まぁデジカメとかだともっとわかりやすいかもしれません。
ネットで見たところ10年前は300万画素のものが7~8万円と書かれています。
今はそんな低い性能のカメラは売っていません(笑)
価格ドットコムでちょっと検索してみると、カシオのEXILIM(1410万画素)が8,980円!
単純に3倍以上の性能のものが10分の1の価格で売られていることになります。

つまり太陽電池も9年後に10分の1の価格になることがないとは言えません。
ただしそれには数が普及することが必須条件です。
ユーザーが「じゃ、10年後に買おう」と思ったらアウトです。
それには引き続き、補助金や余剰電力買取で手厚い補助を行い
「いつ買っても同じなら早く買うか」
とユーザーに思わせるような国の政策が必須です。

なにしろこの国は補助金をカットして、普及率が大幅に下がった実績があるのですから……それを忘れないで欲しいです。
スポンサーサイト
いまのだんかいで
50万きっています
[ 2011/06/10 11:36 ] [ 編集 ]
Re: いまのだんかいで
> 50万きっています

そうですね。
当社でも設置宅の屋根条件、モジュールの組み合わせ、全体容量などの条件によりますが、1kWあたり50万円を切ることは珍しくありません。
ただ太陽光発電は言わば、お客様に合わせた一品物なので、誰でも50万円以下になりますと言えないのが歯がゆいところですね。
[ 2011/06/11 08:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。