トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エネルギーファーム社から蓄電池新商品が発売

おはようございます。
昨日は暑いくらいの陽気でしたが、今日は午後から雨になるようです。

最近なにかと話題の蓄電池ですが、エネルギーファーム社が新商品を発売しました。
「産業用・家庭用蓄電池 emergency I」という商品で、基本的には家庭のコンセントに繋いで充電し、いざと言うときには製品に家電製品を繋ぐというものです。
4タイプのバッテリー容量の違うラインナップになっていて、少ないほうから

EF-2000 1.92kW……714000円
EF-3000 3.84kW……924000円
EF-4000 5.76~11.52kW(カスタマイズ)……1418000~1764000円
EF-5000 5.76~11.52kW(カスタマイズ)……1659000~1974000円
<価格は税込み>

となっています。
EF4000とEF5000の違いはインバータ出力で、それぞれインバータが4kWと5kWになります。
EF2000とEF3000はどちらもインバータ出力は3kWです。

性能を見るとEF-3000が一番コストパフォーマンスが高いかな……と思われます。
販売サイドとしても同じ考えらしく、カタログで例に挙げられているのがEF-3000です。

だいぶ安いな~と思ってカタログを見ていたら、蓄電池がリチウムイオン式でなくてEB鉛式のようです。
ごく一般的なバッテリーですね。
繰返し使用での劣化が気になるところですが、そうしないと価格を抑えられないので仕方ないところです。

しかしこうして色々と蓄電池の新商品を見るたびに
「これなら蓄発くんの方がいいなぁ」
と思ってしまいます。
機能的にも価格的にも魅力的です。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。