トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

震災対象商品 ハウスメーカー編

おはようございます。
連休の谷間です。

震災復興で各ハウスメーカーが色々と考えているようです。
大和ハウス工業は被災地の人が同社の住宅「ジーヴォ」を契約した場合、太陽光発電システムを2kWまでプレゼントする企画を発表しました。
「じゃ2kWをタダで付けてくれ!」
という訳にはもちろんいかず(笑)、最低でも3kW以上設置した場合に限られますが……例えば3kW設置した場合には55万円で提供するそうです。
つまり4kWのシステムを載せれば110万円ってことですね。補助金と合わせれば、かなり短い期間での償還が可能になりそうです。

またパナホームは宮城県など東日本大震災の被災地向けに低価格の戸建て住宅を発売すると発表しました。
1カ月半と同水準の商品では「業界最速」の施工期間で被災者の建て替えや新築需要に応えるそうです。
大型パネル構造で30種類の間取りに限り、太陽光発電システムやタイル外壁を標準仕様で2階建ても選べます。
耐震等級は「3」で建築基準法の1.5倍の対策を施しています。
間取りの選択肢を限定することで原材料費や施工費を抑え、平屋建て(床面積65平方メートル)で1420万円からに抑えた……

65㎡って20坪くらいですよね。
ってことは坪単価71万円くらいでしょうか?
……

しかも1420万円「から」

いくら太陽光標準だからって「低価格」とは言えない気がするのは私だけでしょうか……
スポンサーサイト
[ 2011/05/02 08:04 ] 住宅ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。