FC2ブログ
トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蓄電池システムを模索中

おはようございます。
今朝は冷たい雨が降っていました。

さて昨日は新規に太陽光発電を取り扱いたいという工務店様へメーカーと伺い、説明会を行いました。
色々と質問を用意されていたようで、非常に中身の濃い時間でした。
昨日の記事にした蓄電池の話題も出て、そちらに非常に興味のある様子でした。

実際、太陽光発電+蓄電池は既に各メーカーの構想の中には入っています。
ただコストの面からもっと先、余剰電力の買取制度が終わるくらいには……というペースでした。

しかし先月の東日本大震災とそれに伴う計画停電の実施により、一気に需要感が高まってきています。
パナソニックと東芝は年内にも商品として販売すると発表しましたし、当然ながら各メーカーも追随するでしょう。

しかし既に商品として販売しているメーカーもあります。福岡の会社で正興電気製作所というところです。
「エネパック」という商品で容量によって違いますが、一番リーズナブルな「エネパック・ミニ」は5kWhの蓄電能力を持ち、1日あたりの最大使用可能容量は3.3kWhとなっています。
カタログによると
テレビ200W+AV機器200W+照明100W+冷蔵庫200W→計700W
を使ったとすると4.7時間使用可能となっています。
計画停電の時間くらいは余裕ですが、日没から日の出まではちょっと厳しいでしょうか。
ただ冷蔵庫と照明だけなら11時間は使える計算になりますね。寝てしまえば照明も必要ないですし……もしかすると一晩でも普通に過ごせるかもしれません。
価格は税込みで892,500円とのこと。

しかし鉛蓄電器のため、3年ごとに蓄電器を更新する必要があり、これが20万から25万程度かかると……7000円/月のランニングコストがかかってくることになります。
うーん、いまどき鉛蓄電器は……

それでもやはり現在は非常に問い合わせが殺到しており、完全注文生産。
発注してから8ヶ月の納期だそうです。

同社のホームページを見てみると「エネパック・プラス」という新商品がありました。
放電容量7kWhとミニの2倍以上の出力と9.36kWhの蓄電容量を持っています。
値段は書いてないのですが、ちょっと気になるので問い合わせをしてみようと思います。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。