トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホットスポット現象の復習

コメントでひとつご質問をいただいたのでご紹介したいと思います。

> はじめまして。
> 家の前の電柱により、今、発電量の低下で悩んでいるものです。
>
> ホットスポット現象は、どのくらいの期間でセルを破損させてしまうものでしょうか?


とのことでした。
気になるのは家の前の電柱は太陽電池モジュールの設置後に立てられたのでしょうか?
あまりに発電量の低下がひどければ電柱を設置してある土地の地権者の方に相談して、電柱の移設を電力会社やNTTに依頼してみてはいかがでしょうか?

さて本題ですが……すみません! 「何年です」という具体的な数字はお答え出来ません。
まだ弊社ではホットスポット現象によるトラブルを経験したことがないものですから……
今度シャープに聞いて、こちらでお答えしたいと思います。

さてホットスポット現象ですが、特定のセルが長期間に渡って「遮光」されることで発熱してしまうことはご存知だと思います。
もしご質問者の方が電柱の影響でのホットスポットを心配されているのでしたら、心配は無用です。
電柱などの影がかかった部分は確かに発電量は低下しますが、完全に遮光されているわけではなく周囲からの散乱光で弱いながらも発電は行われていますので、そこでホットスポット現象が起きることはありません。
ここでの「遮光」というのは木の葉などでセルが完全に隠され、散乱光も届かない状態のことです。
まぁ木の葉などはすぐに飛んでいってしまうのでホットスポット現象を起こすことはないですが……可能性が高いのは鳥の糞です。けっこうされる上に、油性なので雨では落ちきれないこともあります。
そもそも1枚のセル全面を覆ってしまうほどの鳥糞というのも……そこまでになれば地上からでも視認出来ますから、いくらなんでも掃除をしようと考えますし。

ですから少なくとも国内4大メーカーのモジュールを適切な施工で取り付け、あまりにひどい鳥の糞などの遮光物が目視で確認出来ない限りは、それほど心配する必要もないと思います。
スポンサーサイト
ありがとうございます
電柱は太陽光設備を設置する前からありましたが、5月には影も無く、安易に設置してしまったかと思っていました。

8月31日に発電を開始し、9月はシュミレーションより100kwも発電して満足でしたが、10月~今日まではシュミレーションをかなりのペースで下回っていまして、ホットスポット現象が起きているかと心配してしまいました。

ありがとうございます。
また、拝見させていただきます。
[ 2011/01/21 10:30 ] [ 編集 ]
Re: ありがとうございます
> 電柱は太陽光設備を設置する前からありましたが、5月には影も無く、安易に設置してしまったかと思っていました。
>
> 8月31日に発電を開始し、9月はシュミレーションより100kwも発電して満足でしたが、10月~今日まではシュミレーションをかなりのペースで下回っていまして、ホットスポット現象が起きているかと心配してしまいました。
>
> ありがとうございます。
> また、拝見させていただきます。

なるほど、夏場は太陽高度が高いので影も短いですからね。
夏場はかからなくても、太陽高度の下がってくる冬場には影が屋根にかかってしまったというところでしょうか。
本来は販売する側がご自宅の調査をさせていただいた時に、そういったアドバイスをするのが役目です。
季節によって影が変化することは販売側として、当然知っておかなければならないことですから……

太陽光発電の一番の日常点検は発電量のチェックです。
これが前年の同時期と比べて著しく低下しているようなことがあれば、何らかのトラブルが疑われます。
これを欠かさずにやってみてください。
[ 2011/01/22 09:05 ] [ 編集 ]
ありがとうございました
頑張って発電量のチェックします
いろいろありがとうございました
[ 2011/01/24 16:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。