トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

陽電池、燃料電池、蓄電池を組み合わせた省エネ住宅「グリーンファースト ハイブリッド」

おはようございます。
今日もまた強い日差しが降り注いでいます。
今週は夏休みらしい天候が続きそうですね。

積水ハウスは8日、太陽電池、燃料電池、蓄電池を組み合わせた省エネ住宅「グリーンファースト ハイブリッド」を発売しました。
三つの電池を組み合わせた住宅は世界初だそうです。まぁ正確には「製品」としては初めてというのが正しいのでしょう。
昼は太陽電池と燃料電池で発電、夜は電力会社の電力を蓄電池にためる。年間約25万円の光熱費を支払っている家庭(4人)の場合、年約26万円削減でき、トータルでマイナスになるらしいですが……その程度なんですかね?
普通のオール電化+太陽光発電住宅でも、売電価格を充当すればこれくらいにはなりそうですが。

蓄電池の電力は、停電時にテレビと冷蔵庫1台ずつなら約23時間持つ容量。これはまぁいいとして、設置費用は建設費に加えて一般家庭の場合、三つの電池代で560万~600万円がかかる……

高いっ!

普通に太陽光発電をたくさん付けたほうがいいような気が……するのは私だけでしょうか?


スポンサーサイト
[ 2011/08/09 08:19 ] 住宅ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。