トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楽天が住宅用太陽光発電システム販売へ

おはようございます。
今日は町内の納涼祭があるので、早く帰って参加しようと思います。
息子が楽しみにしているようです。

楽天の三木谷浩史社長は4日、家庭用太陽光発電システム市場に参入する意向を明らかにした。ローンなどの金融サービスと設置サービスを含めたパッケージ商品にして販売する計画で、現在の市場価格の「半額から3分の1の低価格を目指す」

なんだか神奈川とか太田とかの話を思い出させる数字です。
いまの相場が50~60万円/kWですから、半額でも30万円以下にするということですよね。

この手の話を聞くと、太陽光発電システムってものをわかってないんじゃないなかなぁと思ってしまいます。
液晶テレビみたいに、まとめて買って値引きもらって安く売る、っていう手法があまり効果的じゃないと思うんです。
太陽光発電って、屋根の材質や形状によって別物になる半分オーダーメイド品です。
まとめて買ったものがまとめて捌けるかというと、けっこうロスが出ると思います。

それとやはり工事が必要な商品というのも大きいと思います。
先ほどの内容も含めて、ワン・オフな商品なんです。
例えば住宅がそうです。
積水ハウスを筆頭に早々たるハウスメーカーがいくつもありますが、年間施工件数1000棟以上の会社が新築住宅のうち何%のシェアを占めているかご存知ですか?
全体の34%に過ぎないのです。
残りの66%は年間施工件数が1000棟以下の会社で占められています。

住宅でさえ、こうです。
私は、どこが施工するかもわからないインターネット販売会社で太陽光発電を買おうとする人がそれほどいるとも思えないのですが……どうなるのでしょうね。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。