トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太陽光発電は他の発電とは根本的に違う

おはようございます。
今朝は涼しい、快適な朝でした。
明日からはまた夏空が戻ってくるようですが……

先日、コメント欄で話題になった「蓄電池を後で付けたら売電価格は変わるのか、契約時のままなのか?」について、資源エネルギー庁にメールで問合せしたのですが音沙汰がありません。
回答が来たら、ご報告しようと思います。

先日、読んでいたコラムで「なるほどな」と思った話があったのでご紹介します。

太陽光発電は他の発電システムとは根本的に違う、従来の発電という概念とは異なる革新的な発電方法だというのです。
火力であろうと原子力であろうと、要するにお湯を沸かして蒸気の力でタービンを回して発電を行います。
水力はタービンに水を当てて回すわけですし、風力はタービンを風の力で回すわけです。
要するに太陽光発電以外の発電方法は規模や手法こそ違えど、なんらかの力で発電機のタービンを回すことで電気を起こしているわけです。
しかし太陽光発電には「タービン」という物が存在しません。太陽光というエネルギーをダイレクトに電気に変換出来る唯一の発電方法だということでした。

言われてみれば、確かにそうです。
規模は大きくて発電量はすごくても、原発だって所詮はお湯を沸かして蒸気で大きなタービンを回しているわけで……発送としては少しも新しくありません。
太陽光発電を屋根に載せるということは小なりと言えども発電所になるわけで、しかもそのシステムは今までの発電技術とは根本的に違う技術。
そう聞くと、ちょっと太陽光発電を自宅に載せている人は誇らしくなるのではないでしょうか。
載せていない方も……載せてみたくなりませんか?

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。