トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NECがすごい新型蓄電池ESS-H-002006Aを発表

メールマガジンの配信を始めることにしました。
当社のチラシをご覧になった方で、ご希望される方がいらっしゃいましたら、メールフォームよりお申込下さい。
ここでは書けないような、太陽光発電のことについてもお話しようと思います。

また伊勢崎市とその近隣市町村にお住まいの方に、シャープの太陽光発電解説DVDの無料レンタルを実施しています。
ご希望の方はメールフォームよりお申込いただけば、お届けします。


おはようございます。
今日もお日様ギラギラです……

NECが住宅用蓄電池の新製品を発表しました。
「ESS-H-002006A」という名前で発売日は7月18日です。
住宅メーカーや建材メーカー経由での販売で、販売価格は250万円前後。初年度は100台程度の出荷を見込んでいるそうですが……たぶんもっと売れると思います。

入力は100V/200V、出力も100V/200Vで2系統あって、定格容量は2.0kVA。大きさは760×450×880mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約200kgとサイズ的にはけっこうコンパクトです。
これなら屋内に置いてもいいと思いますが、屋外設置用に耐水/防塵設計となっています。
電池には、NEC独自のラミネート型リチウムイオン二次電池を使用。ラミネート型リチウムイオン電池は薄型化が可能で、放熱に優れるという特性があり、日産自動車の電気自動車「リーフ」にも採用されています。
そのリチウムイオン電池の二次電池容量は6kWhとなっています。
少なくともヤマダ電機で売っているE-Stockerよりはぜんぜん良さそうです。

この蓄電池の用途として、ピークシフトと非常用電源があります。
ピークシフトは深夜電力で充電し、昼間のピーク時間帯に給電する。深夜電力向けの電気契約とすることで、電気料金の抑制が可能です。
非常用電源としては、停電時に二次電池から電力を供給する。また太陽光発電システムと連携し、発電した余剰電力を充電しておくことで節電することもできます。

また今までもあった蓄電池と違うところは、家庭の分電盤と接続することで電力会社の電力供給システム(電力系統)や、家庭内機器、太陽光発電システムなどと連携し、双方向の自動電力制御ができることです。
系統連係システムの中に組み込んで使用することが出来るということは、停電時でも通常のコンセントが使用出来るということになります。
無線通信機能も搭載していて、システムの稼働・利用状況がリモートで把握できます。
これを利用することで、住宅メーカーなどの企業は住宅の購入者に対して、電力需給の「見える化」や光熱費削減のコンサルティングといったサービスの提供も可能になるそうです。

うーん、価格を考えたらかなりの高機能です。
3月からこっち、いくつもの蓄電池が発売されてきましたが、これから比べたら単なる「インバーター付きバッテリー」でした。
少なくとも他社から同程度の商品が出るまでは、かなり売れると思います。

スポンサーサイト
系統連系の蓄電池
蓄電池が系統連系すると太陽光発電の売電価格が34円に下がる!
それと、夜間電力を蓄電して昼間にそれを売るのは電力会社が認めないと思うけどどうなの?
[ 2011/07/16 19:40 ] [ 編集 ]
Re: 系統連系の蓄電池
> 蓄電池が系統連系すると太陽光発電の売電価格が34円に下がる!
> それと、夜間電力を蓄電して昼間にそれを売るのは電力会社が認めないと思うけどどうなの?

なるほど、確かに「自家発電装置等」は何なのか調べてみると

>家庭用燃料電池、エコウィル、家庭用蓄電池等

となっているので、34円になってしまうようです。
ただこうも書いてありました。

>併設している自家発電設備等を撤去した場合の買取価格は、撤去時点における告示上の買取価格によるのではなく、当初の買取契約の開始時点における告示上の買取価格によります。なお、自家発電設備等の撤去によって買取期間を延長することはありません。

つまり設置時点で併設されていたら34円で、途中で撤去しても買取価格は変わらないよということですよね。
と言う事は、後から追加した場合はどうなるんでしょうね。
42円で契約して、1年後に蓄電池を取り付けたら……?
もうちょっと詳しく調べてみることにします。

確かに9円で買った電気を42円で売れたら、これはもう錬金術ですよね。
制度的には認められるべきではないでしょうし、認められないと思います。
申し訳ないですが、このNECの蓄電池の詳しい仕様がわからないので今はハッキリしたことは言えません。
[ 2011/07/19 09:17 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/12/11 17:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。