トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パナソニックが新型モジュールHIT230を発表

おはよございます。
今日はどんよりとした空から雨がしとしとと降っています。
ちょっと風邪気味なので、喉には湿気がある方が良いですけども気分が重いですね。

燃料高騰によって4月5月の電気・ガス料金が値上げになる模様です。
ちょうど太陽光サーチャージの賦課が始まるのと重なりますので、電気代の値上がりを感じる時期になりそうです。

さて先日、ちょろっとシャープのニューモデルの話を書きましたが、パナソニックはいち早く2011年の新型モジュールを発表しました。

モジュール変換効率を高めた住宅用太陽光発電システム「HIT230シリーズ」で3月9日に発売開始となるようです。
まぁ要するにサンヨーのHITシリーズなわけですが。
最大出力230ワットで変換効率は17.9%、HIT215が16.8%でしたから1%程度の性能向上を果たしているようです。
ちなみに価格は1枚166,950円。たぶん税込価格で、税抜きだと159,000円でしょうか。
HIT215は税抜きで149,000円でしたから、1万円の価格アップというところです。

うーん、17.9%まで上げて来ました。
シャープの新型、単結晶+背面電極が17%台後半まで上げてくることがわかっていて、意地でも性能ナンバー1は譲らないというような感じを受けます。
ただ価格もきっちりアップしてますので、シャープの新型がどの程度の価格設定をしてくるかで魅力は変わってきますね。
シャープの新型発表が待ち遠しいです。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。