トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国内最大級60ヘクタールの太陽光発電所

おはようございます。
社員旅行より戻り、今日から業務再開です。
別記事でどんなところに行ってきたのか、ご紹介しようと思います。

まずは今日の太陽光発電ニュースです。

山梨県忍野村の杓子山斜面で、太陽光発電施設の建設計画が浮上しているそうです。
その内容は県外の建築設計会社などが村有地と民有地合わせて約60ヘクタールを借り、毎時3万キロワットの電力生産拠点を造るというもので、実現すれば太陽光発電では国内最大級になるそうです。
予定地は元々ゴルフ場建設が頓挫した経過があるらしく、活用方法を模索してきた村は期待を寄せているとか。

約60ヘクタールの予定地のうち、約40ヘクタールの敷地に太陽光発電パネルを設置した施設を整備する予定になっていて、2009年末時点で稼働する日本最大の太陽光発電施設は、堺市にある1時間当たり2万8千キロワットを生産する施設。
もし忍野村の施設が完成すれば「日本最大級になる」(担当者)そうです。

計画を立案・遂行しているのは県外の建築設計事務所などで構成する合同企業体らしいです。
民間でこういった事業規格が持ち上がってくるということは、やはり太陽光発電は採算が取れる事業なのだということの証明に繋がると思うのですが、いかがでしょうか?
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。