トーモー㈱は自社施工できるシャープ太陽光発電システム特約店です。今年度より、パナソニックのHITシリーズもお取扱いを始めましたので、お客様の状況に応じたシステムを設計・提案させていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関市役所、2棟に480枚設置

おはようございます。
今日も良いお天気ですが、少し風があるでしょうか?

さて今日の太陽光発電ニュースです。

岐阜県関市役所の南庁舎屋上と車庫棟屋根に計480枚の太陽光発電パネルが設置され、27日から供用が開始されました。発電規模は96キロワットと県内の公共施設では最大規模で、庁舎内の照明や空調などの電気の一部をまかなうそうです。
設置されたのは車庫棟がパネル336枚(発電規模は67・2キロワット)、南庁舎が同144枚(同28・8キロワット)。総事業費は1億820万円。
うち1億円は国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金でまかない、市の負担は820万円。
市の試算によると、年間の予想発電量は約10万7000キロワット時。これにより、CO2は年間33・756トンを削減、電気料金は年間で約230万円減らす考え。
県商工政策課によると、県内の公共施設では06年完成の県立岐阜病院(現・県総合医療センター、岐阜市野一色)の50キロワットが最大で、関市役所の96キロワットはその約2倍の規模となる。

最近はこういった公共施設にどんどんと太陽光パネルが設置されていますね。
群馬県の市役所関係ではまだ見当たらないようですが……あくまでこういうところは経済性ではなく、住民の意識改革へのPRの為なので、どんどんと公共施設への設置を行って設置への気運向上に役立つといいなぁと思います。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。